神棚拝詞

  これ  かみどこ    ま     か         かしこ    あまてらすおおみかみ うぶすなのおおかみたち  おおまえ  
 此の神床み坐す 掛けまくも畏き 天照大御神 産土大神等の大前を

  おろが まつ    かしこ かしこ     もお
 拝み奉りて恐み恐みも白さく

  おおかみたち   ひろ  あつ  みめぐみ かたじけな まつ   たか  とおと  みおしえ                
 大神等の広き厚き御恵を辱み奉り 高き尊き神教のまにまに 

  なお  ただ    まごころ       まこと   みち  たが            お    も    わざ  はげ       たま
 直き正しき真心もちて誠の道に違うことなく 負い持つ業に励ましめ給い

  いえかど たか   みすこ           よ         ひと           つ         たま      かしこ かしこ    もお
 家門高く 身健やかに 世のため人のために尽くさしめ給えと 恐み恐みも白す


神社本庁より引用